読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

時事イタリア語

イタリア語の新聞で最新のニュースを読みます

シリアのグルド人部隊と自由シリア軍、トルコ国境近くのタルアブヤドの大半を制圧

 

www.corriere.it

 

Siria, curdi conquistano buona parte di Tal Abyad: issata bandiera gialla

I curdi siriani dell’YPG e i ribelli dell’Esercito libero stanno scalzando i combattenti dello Stato islamico dalla città-chiave per il sultanato

Guido Olimpio 

 
La bandiera dei curdi vicino a Tal Abyad (Ap) La bandiera dei curdi vicino a Tal Abyad (Ap)

WASHINGTON - Curdi siriani e ribelli dell’Esercito libero hanno conquistato buona parte della città di Tal Abyad, al confine con la Turchia. Nelle ultime ore i guerriglieri del movimento YPG hanno scalzato l’Isis da molte posizioni e sono arrivati fino al punto di frontiera dove hanno innalzato le loro bandiere. Operazioni segnate da duri combattimenti che hanno spinto in migliaia a fuggire in territorio turco. Se la vittoria sarà consolidata si tratterà di uno sviluppo importante.

  シリアのグルド人部隊と自由シリア軍は、トルコ国境近くのタルアブヤドの町の大部分を征服した。現在、クルド人の人民防衛隊(YPG)のゲリラ戦士たちが、多くの戦線で「イスラム国」の兵士たちを駆逐しており、トルコ国境に近い場所まで到達し、そこに彼らの旗を掲揚した。この作戦では激しい攻防が行われており、数千人の住民がトルコ領土内に逃亡している。この勝利が確実なものとなれば、それは重要な戦果となるだろう。

Ruolo strategico

La città di Tal Abyad, in questi mesi, ha rivestito un ruolo fondamentale per lo Stato Islamico.
1) È la porta d’accesso al territorio turco ed è stata usata per il contrabbando ed ha portato denaro nelle casse con l’imposizione delle tasse di passaggio.
2) È stato uno snodo di transito per i volontari provenienti dall’estero.
3) Dalla località parte un asse stradale che conduce a Raqqa, la città-covo dell’Isis, “casa” dei dirigenti e prigione di tanti ostaggi.
4) Ha rappresentato un cuneo tra il cantone di Kobane e quella di Cizere, impedendo ai curdi siriani dell’YPG di costruire la loro enclave.

 タルアブヤドの町はこの数か月において、「イスラム国」にとって基本的な役割をはたす重要な場所となっている。
 第一に、この町はトルコ領土への出入口となっており、「イスラム国」は密輸のためにこの町を利用している。さらに関所として通行料を徴収することで、重要な資金源となっていた。
 第二に、外国から「イスラム国」に参加しようとして訪れる志願兵のための重要な滞在場所になっている。
 第三に、この場所は「イスラム国」の本拠達であるラッカにいたる幹線道路の要の位置にある。ラッカは「イスラム国」の幹部たちの本拠地であり、多数の人質が囚われている町である。
 第四に、コバーネ(Kobane)とチゼーレ(Cizerer)地区の間の「くさび」のような場所にあり、クルド人の人民防衛隊が根拠地を構築することを妨げている。 

Raid e guerriglia

La campagna militare in queste settore ha confermato ancora una volta come i militanti islamici, quando incontrano un avversario motivato e deciso, non sono invincibili. I curdi li hanno battuti a Kobane, quindi hanno sviluppato un’offensiva paziente che li ha portati, villaggio dopo villaggio, fino a Tal Abyad. E questo nonostante il loro armamento sia infinitamente inferiore.

 この地区での軍事行動は、明確な動機と決意をもった部隊と戦闘した場合には、「イスラム国」の兵士たちも無敵ではないことを新たに示すものとなった。コバーネで「イスラム国」と戦ったクルド人たちは、忍耐強い攻勢によって、タルアブヤドの町にいたるまで、一つずつ村を征服していくことに成功した。しかもクルド人たちの武器は、イスラム国の兵士たちの兵器と比較すると、きわめてお粗末なものである。

Certamente, oltre al coraggio e all’esperienza dell’YPG, hanno pesato le incursioni aeree alleati. Attacchi continui quanto precisi guidati da terra che hanno spazzato via le unità Isis. Bombardamenti agevolati dalle coordinate trasmesse dagli insorti al comando della coalizione. E forse dalla presenza di piccoli team delle forze speciali occidentali. Ma su questo aspetto non c’è conferma ufficiale. Significativamente il Comando Centrale Usa oggi ha sottolineato come dal 2014 i curdi siriani e iracheni sono sempre riusciti a prendere terreno allo Stato Islamico. Un comportamento ben differente da quello delle forze irachene.

  もちろんこの戦果は、クルド人民防衛隊の勇気と経験の豊富さのたまものではあるが、同盟軍による空爆も大きく貢献した。継続的な空爆は、それが地上から正確に導かれたものであったために、「イスラム国」の兵士たちを駆逐することができたのである。同盟軍の指揮のもとで、反乱軍が正確な座標を伝達したために、空爆が容易になったのである。おそらく西側の軍隊の小規模な専門チームが現場で指導していたものとみられる。ただしこれについては正式な確認はえられていない。ただしアメリカ合衆国の中央司令部は、2014年にはシリアとイラクのクルド人部隊が、つねに「イスラム国」から領土を奪うことに成功したことを強調していることは重要である。これはイラク政府軍とはきわめて対照的な成果である。

La collaborazione con i ribelli

Altro aspetto la collaborazione dei curdi con i ribelli siriani dell’Esercito libero. I rapporti tra YPG e ribellione hanno avuto momenti non facili. Gli insorti hanno spesso accusato i guerriglieri (insieme a quelli del PKK) di essere troppo vicino al regime di Assad. Ora la battaglia di Tal Abyad ha aperto un’opportunità di mettere da parti i sospetti in nome del comune interesse. Inoltre l’asse comune rassicura la popolazione araba sempre sospettosa nei confronti dei curdi. C’è da augurarsi che l’alleanza tenga anche in un teatro fluido come quello siriano.

  別の側面として、クルド人部隊がシリア自由軍と協力していることが注目される。クルド人民防衛隊とシリアの反乱軍の関係は、これまで困難な問題を孕んでいた。シリアの反乱軍の側は、クルド労働党のゲリラを含めて、ゲリラ兵たちがアサド体制に近すぎることを一貫して非難してきた。ところが今回のタルアブヤドでの戦闘は、共通の利益を守るという名目のもとで、こうした疑念を解消させる機会となったのである。さらにこの連携は、クルド人にたいしてつねに疑念を抱いていたアラブ系の住民を安心させることになった。シリアのような流動的な状況においても、同盟が生まれることが期待できるようになった。

I timori turchi

Infine la Turchia. Ankara non ha ancora digerito la vittoria dei curdi a Kobane e ora deve assistere ad un altro successo di quelli che considera alla stregua di “terroristi”. Non solo. L’YPG potrebbe consolidare il controllo sull’entità territoriale a lungo inseguita. Scenario che fa venire attacchi di bile al “sultano” Erdogan e preoccupa i suoi generali, ossessionati dalla questione curda per ovvie implicazioni interne. I turchi potrebbe giocare sporco, con qualche manovra neppure troppo segreta in favore dell’Isis. Nei giorni scorsi è stato raccontato che la Turchia ha fornito l’elettricità a Tal Abyad. Un favore non da poco allo Stato Islamico.

 トルコ国内では、トルコ政府はまだクルド人によるコバーネの征服という戦果をうまく消化できていないようであり、これから「テロリスト」とみなしてきた軍隊の新たな戦果に直面しなければならなくなろう。それだけではない。クルド人民防衛隊は、これまで長く望んできた領土全体の管理をさらに強化することができるかもしれない。このシナリオは、「国王」エルドアン大統領にとっては忌々しいものであり、大統領にしたがう将軍たちにとっても、明らかな国内的な理由から、懸念の種となるものだろう。トルコ側は「汚い」手段に頼るかもしれない。トルコが「イスラム国」に有利な作戦を展開することもあったことは、それほど秘密にされていることでもないのである。最近ではトルコがタルアブヤドに電気を供給してきたという噂が流れている。これは「イスラム国」にとっては、大きな恩恵になったはずである。

 

Guido Olimpio
© RIPRODUZIONE RISERVATA