読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

時事イタリア語

イタリア語の新聞で最新のニュースを読みます

ロシア、スウェーデンにNATOに加盟しないように警告

 

 

■ロシアの警告-NATOに加盟するならば弾道ミサイルの照準となる
 今のところはこれはたんなる「助言」にすぎない。しかしこの呼び掛けは警告の意味合いをもっている。在スウェーデンロシア大使館のヴィクトル・タタリンスツェフ大使は、日刊紙の『ダゲンス・ニュヘテル』とのインタビューにおいて、「スウェーデン政府が中立を維持するかぎりは」ロシアはスウェーデンにたいしていかなる軍事的な行動をとる計画はないと語った。ただしスウェーデンNATOに加盟した場合に「起こりうる帰結」には、配慮するようにと警告した。その場合にはロシアは「対策を講ずることになろう」という。要するには、プーチン大統領は「ロシア軍を再配置する軍事的な対抗措置をとらざるをえないし、核弾頭を装備した弾道ミサイルをストックホルムに向けざるをえないだろう」ということになる。

 

スウェーデンの世論への圧力
 今のところはスウェーデンには、北大西洋同盟(NATO)に加わる意志はないし、関心もない。しかし世論は急速にNATO加盟に好意的になりつつある。昨年10月の世論調査では、スウェーデンNATOに加盟することに賛成した人々の比率は37%で(2012年にはこの比率は17%にすぎなかった)、これに反対した人々の比率は36%だった。スウェーデンでこの問題について賛成者の比率が反対者の比率を上回ったのは、これが初めてのことである。
 しかし世論のこうした変化の原因は、スカンジナビア半島の全域でロシアが行っている一連の挑発行為にあることは、すぐに分かることである。2014年9月17日には、ロシアの2機の軍用機スウェーデン領空を横切った。その数日後には、送受信装置をオフにした戦闘機が、スウェーデンの南部で商業的な航空機のごく近くを横切るという危険な行為をした。

 この数か月には、ロシア空軍とスウェーデン空軍の間のニアミスがかなり頻繁に起きている。スウェーデンだけでなく、北欧諸国とバルト海諸国の空軍が、ソ連戦略爆撃機Tu-96(コードネームはベア)を迎えて緊急発進(スクランブル)することがふえている。昨年の10月5日には、ソ連の戦闘機Su-27が、スウェーデンの航空機にニアミスした。その2週間後には、ストックホルムの沖合で数日間の追跡を受けた後に、ロシアの潜水艦が浅瀬におい詰められるという出来事もあった。

www.lastampa.it

Mosca avverte la Svezia: se aderite alla Nato missili puntati contro Stoccolma

Per ora è solo un «consiglio», ma ha il chiaro sapore dell’avvertimento. L’ambasciatore russo Viktor Tatarintsev ha detto in un’intervista al quotidiano «Dagens Nyheter» che la Russia non ha nessun piano militare contro la Svezia «in linea con la neutralità di Stoccolma», ma ha avvisato delle «possibili conseguenze» di un’eventuale adesione della Svezia alla Nato. In questo caso Mosca «metterebbe in atto delle contromisure», dice Tatarintsev. In sostanza, Putin «sarà costretto a rispondere militarmente riorientando le nostre truppe e puntando i nostri missili balistici armati di testate atomiche verso la Svezia». 

 

Le pressioni sull’opinione pubblica  

Al momento la Svezia non ha nessuna intenzione né interesse ad aderire all’Alleanza atlantica, anche se l’opinione pubblica si sta rapidamente spostando verso la Nato: un sondaggio dello scorso ottobre ha mostrato che il 37% degli svedesi è in favore di un’adesione alla Nato (era il 17% nel 2012), mentre il 36% è contro. È la prima volta che gli svedesi favore dell’alleanza sono di più che quelli contro. Ma lo spostamento degli equilibri potrebbe facilmente essere la risposta alla serie di provocazioni russe in tutta la regione scandinava. Il 17 settembre 2014 due aerei militari hanno attraversato il territorio svedese. Pochi gironi dopo, un caccia - a transponder spento - è passato pericolosamente vicino a un aereo commerciale nel sud del paese. 

 

Negli ultimi mesi gli incidenti «sfiorati» tra le forze armate russe e quelle svedesi non sono stati rari. Più volte i jet di Stoccolma, come di altri Paesi scandinavi e baltici, si sono dovuti alzare in volo per intercettare bombardieri strategici Tu-95 Bear. Il 5 ottobre un caccia russo Su-27 ha sfiorato un aereo da ricognizione svedese. Due settimane dopo un sottomarino russo si è spinto fino alle acque costiere svedesi dando il via a giorni di caccia da parte della marina di Stoccolma proprio nelle acque antistanti la capitale.