読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

時事イタリア語

イタリア語の新聞で最新のニュースを読みます

「イスラム国」、パルミラで25人のシリア政府軍の捕虜を処刑

  「イスラム国」は人々に恐怖を与える戦略を継続している。パルミラから最新のビデオが到着した。このビデオでは、数名の小児を含む25人の少年たちが、25名の捕虜たち、おそらくシリアのパルミラで捕虜にされたシリア軍の兵士たちを殺害したのである。この処刑は、ローマ時代の円形劇場の遺跡で行われ、この「劇場」に集められた観客たちの目の前で実行された。
 このビデオは、シリア政府軍の兵士に行われたと思われる拷問のシーンで始まる。それから場面が切り替わり、兵士たちが拷問室に入り、出て行くシーンが写される。次に25名の兵士たちが、巧みな演出のもとで、「イスラム国」の旗が掲げられた円形劇場に入ってくる。この時点で、迷彩服を着た少年たちがピストルを手にして登場する。少年たちはゆっくりと行進して、犠牲者たちの背後に並ぶ。彼らの前には観客がいる。ゲリラもいるし、多数の市民や子供たちまでいる。「イスラム国」の指導者が何かを読み上げ、その間ずっとカメラは処刑される兵士たちの顔を次々と写していく。一部の兵士たちには殴られた跡がある。そして顔を垂れてひざまずいた兵士たちが処刑されたのである。
 これは、巧みに製作されたビデオで、これまでに先例のないさまざまな光景を放映することで、メディアの注目を引こうとする「イスラム国」の試みであるのは明らかである。今回のビデオで独特なのは、処刑が行われた場所である。処刑が行われたのは、その歴史的な背景によって世界中に知られているパルミラ遺跡なのである。さらに死刑執行人に未成年を使用したことである(ただし今回が始めてというわけではない)。数日前に、「イスラム国」がパルミラの古代の彫像を破壊する映像も流された。ただし現地の情報筋によると、破壊されたのは本物ではなく、コピーであるという。これによって「イスラム国」は人々の憤慨をかきたて、どんなことでも起こりうるという気持ちをもたせようとしているのである。
 5月27日に、シリア人権監視団は、「イスラム国」がパルミラの周辺で行われた戦闘で捕虜にした政府軍の兵士たちを殺害したというニュースを伝えた。今回放映されたビデオは、おそらくこのニュースにまつわるものだろう。この死刑の執行とともに、現地の牢獄の破壊の情景も写された。このビデオは、牢獄の建物が爆破されるシーンで終わっているのである。

www.corriere.it

Palmira, soldati siriani giustiziatida ragazzini dell’Isis

Esecuzione di gruppo nell’antico anfiteatro. Spettatori sulle tribune

Guido Olimpio 

 

f:id:albore:20150705082204j:plain

 

WASHINGTON - L’Isis continua nella sua strategia dell’orrore. L’ultimo video arriva da Palmira: 25 ragazzini, alcuni paiono dei bambini, uccidono altrettanti prigionieri, probabilmente dei soldati siriani catturati nella città siriana. Un’esecuzione condotta all’interno dell’anfiteatro romano davanti ad un pubblico raccolto sulle “tribune”.

Le immagini - che non pubblichiamo -si aprono con scene di torture condotte , sembra da elementi del regime siriano. Quindi c’è un cambio di scena e compaiono i soldati entrare ed uscire da una stanza-prigione. Vengono scortati da altrettanti militanti e fatti entrare, con un’accurata coreografia, nell’anfiteatro sul quale hanno innalzato la bandiera nera del movimento. A questo punto appaiono i minori, in mimetica e armati di pistola. Sfilano lentamente fino a prendere posizione alle spalle delle vittime. Davanti a loro siedono gli spettatori. Ci sono dei guerriglieri, molti civili e anche dei bambini. Un esponente dell’Isis legge un documento mentre la telecamera indugia sui volti dei militari, alcuni con segni di percosse. Un istante dopo i soldati, inginocchiati e con il capo chino, sono assassinati.

Appare evidente il tentativo dello Stato Islamico di cercare sempre l’attenzione mediatica con video sempre più elaborati o comunque contenenti degli aspetti diversi dai precedenti.
In questo caso è il luogo del massacro: Palmira, città nota in tutto il mondo per il suo passato. Insieme a questo l’uso, non nuovo, di adolescenti nel ruolo dei boia. Nei giorni scorsi si era anche diffusa la notizia della distruzione di alcune antiche statue ma secondo fonti locali si tratterebbe non degli originali ma di copie. Un modo anche questo per l’Isis di suscitare sdegno e provare di essere pronti a tutto.

Il 27 maggio, l’Osservatorio per i diritti umani in Siria aveva annunciato che lo Stato Islamico aveva assassinato un gruppo di militari del regime, elementi fatti prigionieri nel corso della battaglia per il controllo della zona. Forse il video diffuso in queste ore si riferisce a quell’episodio. Un’esecuzione accompagnata anche dalla demolizione della locale prigione: le immagini della clip si chiudono proprio con l’edificio sventrato dall’esplosione.

Guido Olimpio
© RIPRODUZIONE RISERVATA