読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

時事イタリア語

イタリア語の新聞で最新のニュースを読みます

武器ではなく書物にお金を。18歳になったマララさんのキャンペーン

  「兵器のためにお金を使うのではなく、書物に投資すれば、多くの子供たちの人生は変わるでしょう」。これが最年少のノーベル平和賞の受賞者であるマララ・ユスフザイさんが18歳の誕生日を迎えた折のメッセージであり、ツイッターで#booksnonbulletsのハッシュタグのキャンペーンを開始した。このメッセージは、マララさんが長年、辛抱強く展開してきたテーマを示すものである。

 パキスタンの活動家のマララさんは、女性のための教育の活動で象徴的な存在になっており、ツイッターのプロフィールに、「アンネの日記』を手にした写真を掲載した。教育の欠如が「憎悪と貧困の源泉である」という主張を新たに展開しようとしているのである。
 マララ基金のサイトでは、「わたしあと数日で18歳の誕生日を迎えます。これは特別な瞬間です。わたしは初めて、自分が大人であると語ることができるようになるからです。今年のわたしの誕生日には、プレゼントや祝いの言葉はいりません。ただ行動だけを求めます」と書かれている。

 

Libri non proiettili. La campagna di Malala per i suoi 18 anni - Repubblica.it

 

 

 

f:id:albore:20150707212025j:plain

 

"Se i soldi spesi per le armi, fossero investiti in libri, la vita di molti bambini cambierebbe". E' questo il messaggio lanciato da Malala Yousafzai, la più giovane premio Nobel della storia che per il suo diciottesimo compleanno ha deciso di festeggiare lanciando la campagna #booksnotbullets, libri non proiettili. Un messaggio che da anni la giovane porta avanti con forza e ostinazione e che l'ha fatta finire anche nel mirino dei talebani. L'attivista pakistana, diventata simbolo della battaglia per l'istruzione femminile e non, ha postato sul suo profilo Twitter una foto con "Il diario di Anna Frank" invitando a fare altrettanto per sostenere la causa dell'alfabetizzazione come 'cura' all'odio e alla povertà.
Sul sito del Malala Fund la giovane scrive: "Tra pochi giorni compirò 18 anni. Questo è un momento specialeperché per la prima volta potrò dire di essere un'adulta. Quest'anno per il mio compleanno non chiedo regali e auguri. Chiedo azione"