読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

時事イタリア語

イタリア語の新聞で最新のニュースを読みます

トルコとアメリカ、シリア北部にフリーゾーンの設置で合意

  トルコは、「イスラム国」とクルド人にたいする二方面作戦に基づいて、軍事行動をつづけている。イラク北部、とくにカンジル山でのクルド労働者党(PKK)のゲリラのキャンプと隠れ家に、戦闘機が空爆している。2013年に休戦協定が締結されてから、まだ長い時間が経過したわけではない。これはトルコが歴史的な敵のことをいかに忘れることがなかったかを示すものである。一方でクルド人の分離派も明確な反応を示している。トルコ政府がみずから違反した以上、「もはや休戦協定は意味がなくなった」と断言しているのである。これは新たな衝突を生むことになるだろう。


 トルコの軍事行動はシリアの「イスラム国」の根拠地にも向けられている。トルコ政府は、空襲と並行して、イスラーム過激派、クルド人、左翼の過激派にたいする警察の作戦も遂行した。トルコ全土で、500名以上の人々が逮捕された。


 トルコの新聞によると、シリア北部のマーレからジャラブラスの間に、「イスラム国排除ゾーン」を設置することで、トルコとアメリカ合衆国が合意したという。このゾーンは奥行きが40 km、長さが98 kmのものとなろう。ヒュリエット紙によると、アメリカ合衆国の意向で、これは「緩衝ゾーン」とは呼ばれていない。ロシア、イラン、そしてもちろんシリアの反感を招きたくないからである。しかし同紙によると、インジルリク空軍基地から発進するアメリカ軍の戦闘機とトルコの戦闘機が作戦に従事するという。
 このゾーンの設置が、クルド人民防衛隊(YPG)が征服したシリアの東部と西部の二つの地域を分かつ「くさび」の役割をはたすことは明らかである。このようにしてトルコはクルド人の領地の連続性を断ったのであり、脅威と考えるものに対処しているわけである。PKKへの攻撃によって、この地域に「ホットな」前線が作りだされることになろう。エルドアン大統領に批判的な人々によると、トルコ政府が念頭においている敵はクルド人であり、「イスラム国」は二次的な目標にすぎないという。


 「イスラム国」を攻撃するためにアメリカ軍にインジルリク空軍基地を使用させるという合意は重要な方針の転換を示すものであり、これはたんなる戦術的な変更ではない。これから、この協力がどれほど効率的なものとなるかが試されよう。また別の側面も忘れるべきではない。「イスラム国」がトルコ国内で新たな攻撃を実行する可能性を否定できないのである。それだけにトルコは左翼過激派に手入れを行っている。予防拘禁の目的で、数十名のイスラーム過激派とクルド人が逮捕されている。

www.corriere.it

Turchia, seconda notte di bombardamenti contro Isis e Pkk

Continua l’offensiva contro lo Stato Islamico e il partito dei lavoratori del Kurdistan (Pkk), in conflitto da decenni con il governo

Guido Olimpio 

 
 

La Turchia continua le operazioni militari con la tattica del doppio binario: un colpo all’Isis e uno ai curdi. I caccia hanno bombardato accampamenti e rifugi dei guerriglieri del Pkk nel nord dell’Iraq, in particolare sul monte Kandil. Non accadeva da molto tempo, ossia dalla tregua siglata nel 2013. Un segnale chiaro di come Ankara non dimentichi il nemico storico. Da parte i loro i separatisti hanno reagito affermando che “il cessate il fuoco non ha più senso” in quanto Ankara lo ha violato. E questo porterà a nuovi scontri. L’aviazione ha poi sferrato altre incursioni su posizioni dello dello Stato Islamico in Siria. Raid - come ha confermato il governo - che proseguiranno nelle prossime ore insieme ad operazioni di polizia contro islamisti, curdi e formazioni di estrema sinistra. L’ultimo bollettino segnala oltre 500 arresti in tutto il paese.

 
 

 

Area libera

Per la stampa turca c’è un accordo con gli USA per stabilire un’area «libera dall’Isis» nella parte nord del territorio siriano, tra Mare e Jarablus. Sarà lunga 98 chilometri e profonda 40. Non sarà chiamata zona cuscinetto – ha scritto Hurriyet – per volere di Washington che non vuole avere problemi con Russia, Iran e, ovviamente, la Siria. Sempre secondo i media saranno aerei americani – in partenza da Incirlik – e turchi a condurre le operazioni. Successivamente nel settore entreranno guerriglieri dell’Esercito libero siriano, tutti elementi che godono dell’appoggio di Ankara.

 
 
 

 

Un cuneo

E’ chiaro che la creazione dell’area farà da cuneo tra le due regioni, a est e a ovest, conquistate dai curdi dell’YPG. Ankara in questo modo interrompe la continuità territoriale e contiene quella considera una minaccia. Le incursioni contro il PKK, unite a scontri tra soldati e ribelli, mantengono aperto un fronte «caldo». Per chi non si fida di Erdogan la Turchia ha solo in testa un avversario – i curdi – mentre l’Isis è un target secondario.

 

 

I possibili attentati

L’intesa con gli USA per l’uso di Incirlik nell’offensiva anti-Isis è comunque un passo significativo, che va ben oltre l’aspetto tattico. I giorni a venire diranno quanto sarà efficace questa collaborazione. Altro aspetto da non sottovalutare l’eventuale reazione dello Stato Islamico: non sono da escludere nuovi attentati nelle città turche. Da qui le retate condotte dalla polizia contro ambienti estremisti. Dozzine di elementi islamisti (ma anche curdi) sono stati arrestati a scopo preventivo.

 
 
Guido Olimpio
© RIPRODUZIONE RISERVATA