読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

時事イタリア語

イタリア語の新聞で最新のニュースを読みます

性奴隷になることも覚悟の上で「イスラム国」と闘うヤジド派の女性民兵隊「サン・ガールズ」

 「やつらはわたしたちをレイプした。わたしたちはやつらを殺してやる」。ヤジド派の民族音楽家のクサーテ・シンガリさんは、強い復讐心に燃えて、アル・バグダディが率いる「イスラム国」の残忍な兵士たちと戦うために、女性だけで編成された民兵隊を組織した。この民兵隊の目的は、「イスラム国」の兵士たちに殺害された姉妹と兄弟たちに復讐することにある。若い女性たちが、性奴隷にされ、子供たちが首を切られたことに復讐することを目指しているのである。こうして民族音楽家のシンガリさんは、これまでに17歳から30歳までの123人の女性たちを集めた。これらのすべての女性は、癒すことのできない復讐心に燃えており、つかまって性奴隷にされることも、殺戮されることも覚悟しているのである。
 「サン・ガールズ」と命名されたこの民兵隊に参加したどの女性も、まったく恐怖を感じていないようである。民兵のうちでもっとも若年の17歳になったばかりの少女ジェーン・ファールズさんは、「わたしは殺されるとしても、自分がヤジド派の女だと叫ぶつもりです」と語っている。

 「イスラム国」は、2014年6月にモスルを征服した後に、イラク北部のシンジャール州を占領したが、ヤジド派はその際に、もっとも激しい暴力の犠牲となった人々である。それをきっかけとして、30歳になる女性音楽家のクサーテさんは、復讐心に燃えて、他の女性たちと戦場に出ることを決意したのである。

 この「サン・ガールズ」はクルド人のゲリラたちから訓練を受け、とくにライフルのAk-47の使い方を教え込まれた。この民兵隊の女性たちは、自分たちの家族から祝福をうけて兵士となったという。このことは、ヤジド派の人々の苦痛の深さと復讐への意志の強さを示すものである。「わたしたちはまだ熟達しなければなりません。しかしいついかなるときにも、イスラム国と戦う準備ができています」とシンガリさんは語っている。

www.lastampa.it

Le “Sun Girls” yazide dichiarano guerra all’Isis: “Ci hanno violentato, noi li uccideremo”

Un musicista ha dato vita a una milizia tutta al femminile: 123 ragazze tutte animate da uno spirito di vendetta implacabile
AP

 

 
 
 «Ci hanno violentato, noi li uccideremo». E’ implacabile il senso di vendetta di Xate Shingali, musicista dell’etnia degli yazidi, che ha dato vita a una milizia tutta al femminile per combattere contro i carnefici al servizio del califfo Abu Bakr al-Baghdadi. L’obiettivo è quello di vendicare il sangue versato dalle sue sorelle e dai suoi fratelli per mano dellIsis, giovani donne costrette a diventare schiave del sesso, o ragazzi decapitati dai boia del califfato. Ecco allora che l’artista ha reclutato sino ad oggi 123 ragazze dai 17 ai 30 anni, tutte animate da uno spirito di vendetta implacabile, tutte pronte ad affrontare il rischio di essere uccise o di diventare loro stesse schiave del sesso e vittime di stupri o massacri. 

 

  

 

 
 

 

Ma ognuna delle giovani reclute della milizia chiamata il battaglione delle «Sun Girls», non sembra aver paura: «Anche se mi uccidono, urlerò sono yazida», dice la più giovane delle reclute, una ragazza di appena di 17 anni di nome Jane Fares. La popolazione yazida è stata quella più colpita dalle violenze dello stato islamico iniziate con l’occupazione della provincia di Sinjar, nel nord dell’Iraq, poco dopo la caduta di Mosul del giugno 2014. Da qui la sete di vendetta che ha spinto la 30 enne artista, Xate Shingali, a scendere in campo con altre donne. Le «Sun Girls» vengono addestrate dai guerriglieri curdi che insegnano loro in particolare ad utilizzare i fucili Ak-47. Le ragazze dicono di aver ricevuto la benedizione dalle rispettive famiglie e questo fa capire il profondo dolore e la voglia di riscatto di questa popolazione. «Abbiamo ancora bisogno di addestrarci - avverte Xate - Ma siamo pronte a combattere l’Isis in qualsiasi momento».