読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

時事イタリア語

イタリア語の新聞で最新のニュースを読みます

NATO軍のジェット機、アフガニスタンのクンドゥズで、「国境なき医師団の病院を誤爆。14名が死亡

  NATO軍のジェット機が誤って、アフガニスタンのクンドゥズで、「国境なき医師団の病院を爆撃してしまった。これはアフタル・ムハンマドマンスール師の率いるタリバンと戦う作戦の困難さをまざまざと示すものである。タリバンアフガニスタン政府軍の虚をついてクンドゥズを攻撃し、半日で政府軍を敗走させた。クンドゥズの町は10月1日から2日にかけた夜間に、アメリカ合衆国の特殊部隊の援助のもとで、激しい戦いの後に奪回された。この戦闘で200名のタリバン兵士が死亡した。しかしアシュラフ・ガニ大統領が認めているように、「戦闘はつづいている」のである。
 オマル師の継承者であるアクバル・モハンマド・マンスール師の率いるタリバンは、クンドゥズの中心部からは撤退したが、町の郊外のいくつか重要な場所を占拠しつづけている。さらにバダフシャーン、バグラーン、タハールという三つの州の少なくとも一つの地区を征服することに成功している。アフガニスタンの北部では、タリバンの勢力は弱まっているとNATOが発表しているにもかかわらず、このことはタリバンがこの地方でも政府軍を脅かすほどの軍事力を維持していることを示すものである。これはアフガニスタンの南部と東部で強い勢力を維持しているタリバン陣営にも、北部のタリバン陣営がまだNATOと戦う能力を維持していることを誇示するものとなっている。
 そのために連合軍はアフガニスタンの政府軍に、クンドゥズ市の内部と周囲の奪われた拠点を急いで奪回せざるをえなかったのである。このように作戦を急いだことが、今回の誤爆をもたらしたに違いない。これによって19名が死亡した(そのうち12名は医師である)。国境なき医師団は、アメリカ合衆国アフガニスタン軍に存在場所の確認信号を発信しても、30分も爆撃がつづいたと非難している。国境なき医師団ツイッターで、「アメリカ軍とアフガニスタン軍を含めて、すべての紛争当事者は、数ケ月前から国境なき医師団の病院のある正確な位置を確認していたはずである」と語っている。アフガニスタン誤爆を正当化しようとして、病院の内部にテロリストが入り込んでいたと主張している。
 国連はこの爆撃は「戦争犯罪」に該当する可能性があると非難している。国連のザイド・フセイン人権高等弁務官は、「きわめて衝撃的なこの出来事については、独立組織が徹底的に調査する必要があり、その結果を公表する必要がある」と断言している。「裁判所でこの攻撃が意図的なものであったことが明らかになれば、病院への攻撃は戦争犯罪としてみなされるものである」とフセイン氏は指摘し、この爆撃は「悲劇的で、おそらく犯罪的なものである」と主張している。

www.lastampa.it

Kunduz, bombe Nato contro l’ospedale di Medici senza Frontiere

L’errore di un jet nell’operazione anti-taleban. Diciannove morti e almeno 30 dispersi. Kabul: dentro la struttura c’erano anche dei terroristi. L’Onu: possibile crimine di guerra
 

L’errore commesso dai jet della Nato contro l’ospedale di “Medici senza Frontiere” a Kunduz descrive la difficoltà nelle operazioni in corso contro i taleban di Mullah Akhtar Mohammad Mansour. L’attacco che hanno sferrato, a sorpresa, contro Kunduz a metà settimana ha sorpreso le forze governative, obbligandole ad una rapida, ed umiliante, ritirata. La città è stata riconquistata con un’aspra battaglia nella notte fra giovedì e venerdì grazie all’impegno delle forze speciali Usa - che hanno eliminato oltre 200 taleban - ma i «combattimenti continuano» come ammette il presidente afghano Ashraf Ghani.  

 

 

I taleban di Mullah Akhtar Mohammad Mansour, successore del Mullah Omar, infatti sono stati allontanati dal centro della città ma continuano a controllarne alcuni importanti sobborghi. Inoltre, sono riusciti a conquistare almeno un distretto in tre diverse province: Badakshan, Baghlan e Takhar. Ciò significa che nel Nord dell’Afghanistan, dove la Nato riteneva i taleban più indeboliti, l’erede del Mullah Omar è protagonista di una inattesa prova di forza che punta a rilanciare la sfida a Ghani ed, anche, a convincere i taleban del Sud e dell’Est del Paese - dove lo Stato Islamico sta accumulando reclute e giuramenti di fedeltà - della propria capacità di affrontare ciò che resta del contingente Nato.  

 

 

 

Da qui la necessità della coalizione di spingere le forze di Kabul a riconquistare in tempi stretti le aree perdute, dentro e fuori Kunduz. Con una fretta che probabilmente ha generato l’errore costato la vita a 19 persone (12 medici). Msf denuncia che il bombardamento è proseguito per mezz’ora dalla segnalazione alle forze armate Usa e afgane. E su Twitter aggiunge che «tutte le parti in conflitto, incluse Kabul e Washington, conoscevano le coordinate delle strutture di Msf già da mesi». Kabul ha tentato di giustificare l’azione sostenendo che all’interno dell’ospedale si erano nascosti dei terroristi. 

 

LA CONDANNA DELLONU  

L’Onu ha condannato il bombardamento affermando che potrebbe trattarsi di un «crimine di guerra». «Questo evento profondamente scioccante dovrebbe essere investigato a fondo e in modo indipendente e i risultati dovrebbero essere resi pubblici», ha affermato Zeid Ra’ad Al Hussein, Alto Commissario Onu per i diritti umani. «La serietà dell’incidente è sottolineata dal fatto che, se ne fosse provata la volontarietà in un tribunale, un attacco aereo contro un ospedale integrerebbe un crimine di guerra», ha aggiunto, definendo il bombardamento «tragico e forse persino criminale».