読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

時事イタリア語

イタリア語の新聞で最新のニュースを読みます

イスラム国、ナンバーツーのアブ・ムスリム・トゥルクマニの死亡を確認

  イスラム国の首脳部が、イラクで行われたアメリカ合衆国の空襲によって、イスラム国のナンバーツーの幹部が殺害されたことを認めた。死亡したのはイラク人のファデル・アーメド・アブドゥラ・アル・ヒヤリで、戦士名アブ・ムスリム・トゥルクマニで知られている。このニュースは、イスラム国のスポークスマンであるアブ・ムハンマド・アル・アドナニが、インターネットのイスラム国のサイトで発表された音声メッセージで確認されたものである。アブ・ムスリム・トゥルクマニは戦闘の専門家で、フセイン大統領の時代からこの仕事についていた。このアメリカ合衆国の空襲がいつ実行されたものかは、不明である。
 一方で、土曜日にイラクの西部でイスラム国の車列にたいして実行されたイラク空爆については疑問が深まっている。現地の医療筋では、死者の中にも、負傷者の中にもイスラム国の指導者のバグダディの死体は含まれていないと語っている。さらに治安当局筋は、バグダディが空襲のターゲットとなる自動車に乗って移動することはないのではないかと、懐疑的な見解を示している。現在、バクダディが空襲で負傷したと主張しつつけているのは、空襲が行われたアンバール州の部族評議会の代表のラフィ・アル・エサウィである。
 イラクとシリアにおいてバグダディ指導者が乗った自動車や車列が空襲されたというニュースは珍しいものではない。イラク政府がそうしたニュースを発表することもあったのである。昨年の11月には、イラクの内務大臣が、バグダディが負傷して、シリアに運ばれたと発表した。これにたいしてアメリカ合衆国イラク北部のモスル近くで、イスラム国の車列に空爆を実行したことは認めたが、バグダディがその自動車に乗っていたとは認めなかった。
 今年になってイギリスの日刊紙の「ガーディアン」は、アメリカ合衆国が主導した同盟軍がその前月に実行した空爆の際に、バグダディが重傷を負ったと報道した。イランとイラクのメディアはその数日後に、バグダディがイスラエルの病院で死亡したと発表した。しかし翌月にアメリカ合衆国国防総省がこれを否定し、バグダディは負傷しておらず、カリフのままであることを指摘した。今回のニュースも同じように根拠のないものであることが明らかになるかもしれない。

www.lastampa.it

L’Isis ammette l’uccisione del numero due di Al Baghdadi in Iraq

Si tratta di Abu Muslim al-Turkmani. La notizia confermata dal portavoce del Califfato
 

Abu Muslim al-Turkmani, era il capo delle forze armate dellIsis in Iraq

  

I vertici dello Stato islamico hanno ammesso che durante un raid aereo statunitense è rimasto ucciso il numero due dell’organizzazione terroristica in Iraq, l’iracheno Fadel Ahmed Abdullah al-Hiyali, noto anche con il nome di battaglia di Abu Muslim al-Turkmani. La notizia è stata confermata dal portavoce dellIsis, Abu Muhammad al-Adnani, in una registrazione audio diffusa dai siti jihadisti. Abu Muslim al-Turkmani è un combattente esperto che prestava servizio già all’epoca di Saddam. Non è chiaro a quando risalga l’operazione militare condotta dagli Stati Uniti. 

 

Intanto si infittiscono i dubbi sugli esiti del raid aereo di sabato che ha preso di mira un convoglio dell’Isis nell’ovest dell’Iraq. Fonti mediche locali hanno detto che il leader dello Stato islamico, Abu Bakr al Baghdadi, non risulta né tra i morti né tra i feriti nel raid, mentre fonti della sicurezza si sono dette addirittura scettiche sul fatto che il Califfo viaggiasse su uno dei mezzi centrati dai caccia. Ad affermare che Al Baghdadi è stato ferito nell’attacco è rimasto lo Sheikh Rafi al Essawi, presidente del Consiglio dei clan tribali della provincia di Al Anbar, dove il raid è avvenuto.  

 Non è la prima volta che presunte notizie su raid contro veicoli o convogli che trasportano il Califfo tra l’Iraq e la Siria vengono diffuse, anche da fonti governative di Baghdad. Nel novembre dell’anno scorso lo stesso ministero dell’Interno aveva affermato che Al Baghdadi era stato ferito e trasferito in Siria, mentre gli Stati Uniti si erano limitati a confermare un raid contro un convoglio dello Stato islamico vicino a Mosul, nel Nord dell’Iraq, ma non che il capo dell’organizzazione ne facesse parte. Quest’anno è stato il quotidiano britannico Guardian ad affermare che Al Baghdadi era stato ferito gravemente il mese prima in un attacco aereo della Coalizione internazionale a guida americana. E qualche giorno dopo media iraniani e iracheni avevano addirittura scritto che era morto in un ospedale in Israele. Il mese successivo fonti del Pentagono smentivano queste voci, affermando che Al Baghdadi non era ferito e rimaneva alla guida del Califfato. Anche questa volta la voce sembra destinata a rivelarsi infondata.