読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

時事イタリア語

イタリア語の新聞で最新のニュースを読みます

「スマートフォンのインティファーダ」。インテティファーダでスマホはどのように活用されているか

  「スマートフォンインティファーダ」。これはベツレヘムのラジオ局「マウワルFM」のオーナーのダニー・クムシー氏が作り出した新語である。この新語は、始まってからすでに4週間が経過するパレスチナ人の蜂起を支援するために、スマホが重要な役割を果たしていることを強調する言葉である。同氏がこの言葉を作ったのは、蜂起と関連してスマホがさまざまな形で利用されているためである。
 第一にスマホは、イスラエル人にたいするパレスチナ人による攻撃のタイミングを調整するために使われている。ソーシャル・ネットワークやチャットを利用することで、イスラエル治安部隊の電子的な手段による監視を免れることができるのである。
 第二にスマホは、イスラエル兵士が暴行を加えている画像や、イスラエル人への襲撃が成功したことを示す画像を配布するのに役立つ。これはパレスチナ人たちの戦闘意欲を高めるために役立つ。
 第三にスマホは、市民と同じような服装でパレスチナの領土に侵入しているイスラエルの諜報機関「シン・ベート」のスパイの写真を配布するためにも使われている。これでスパイの正体が明かになれば、パレスチナ人はこうした人物を避けたり、攻撃したりすることができる。
 第四にスマホは、「イスラエル人がアル・アクサ・モスクを汚す行為をした」ことについての情報を配布し、伝達するために役立つ。これが今回の蜂起の発火点となったのである。
 最後にスマホは現場を撮影する手段として役立つ、パレスチナのPNNやAMINなどのインターネットのサイトは、パレスチナの領土に住む人々がスマホで撮影したさまざまな画像を掲載することで、インティファーダを推進することができるのである。

www.lastampa.it

L’Intifada adesso si fa con gli smartphone

Gli attacchi agli isreaeliani vengono coordinati anche attraverso social e chat
 

«Smartphone Intifada»: è Danny Qumsieh, conduttore e proprietario della radio «Mawwal FM» di Betlemme, a coniare l’espressione che sottolinea l’importanza dei cellulari per i protagonisti della rivolta contro Israele entrata nella quarta settimana. La scelta di Qumsieh nasce dal fatto che i cellulari vengono usati in più maniere, sempre legate alla rivolta.  

 

Anzitutto servono per coordinare gli attacchi contro gli israeliani, sfruttando social network collettivi e chat room per evadere la sorveglianza elettronica delle forze di sicurezza. In secondo luogo servono per diffondere le immagini delle violenze attribuite ai soldati come per far vedere i corpi dei palestinesi uccisi: in entrambi i casi si tratta di scatti che moltiplicano la rabbia dei giovani, e dunque la loro volontà di battersi.  

 

C’è poi la diffusione delle foto degli agenti dello Shin Beth - il controspionaggio - infiltrati nei Territori palestinesi, in abiti borghesi, per consentire ai “shabab” palestinesi di identificarli, evitarli e spesso anche aggredirli. Infine, ma non per importanza, gli smartphone servono per diffondere e condividere informazioni sulle «dissacrazioni israeliane della moschea di Al Aqsa» che sono poi il vero carburante della rivolta. Alcuni siti palestinesi, come Pnn e Amin, coprono l’Intifada grazie alle immagini ottenute dagli smartphone dei singoli abitanti dei Territori.