読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

時事イタリア語

イタリア語の新聞で最新のニュースを読みます

シリア問題に関連して開始されたロシアの新しいイニシアティブ


 シリアは4年前からシーア派とスンニ派の憎悪の連鎖から逃れられなくなっているが、この憎悪の連鎖から脱出するためには、ロシアがアサド政権を擁護する空爆を実行するだけでは不十分である。この空爆アメリカ合衆国を始めとして、西洋の主要国から激しく批判されているのである。
 ロシアは空爆という軍事的なイニシアティブをとるだけでなく、今回のシリアのアサド大統領の突然のロシア訪問によって、外向的なイニシアティブを取り始めた。西側諸国は、ロシアのラブロフ外相の最近の発言からも、ロシアのこうしたイニシアティブを予測することができていたはずである。
 ロシアはシリアの反体制派に空爆することでアサド大統領との「連帯」の意志を表明した後に、シリアでの政治的な過渡プロセスを開始する準備をしている。これらの半年間は、リビアで起きたような永続的な不安定状態が実現することを防ぐために、アサド大統領は政権を維持しつづけることになろう。しかし半年の過渡期の後には、アサド氏は大統領の地位は喪失することになるだろう。それでもシリアで中心的な地位を占めるアラウィー派首領として、シリアの政治において重要な役割を果たしつづけるかもしれないのである。
 このシナリオが実現するかどうかは別として、クリミアの併合とウクライナ危機のために追い込まれた状態にあったロシアのプーチン大統領が、シリア危機を通じてふたたび政治的にも外交的にもイニシアティブを発揮できる状態になったのはたしかである。今後の情勢がどうなるかは、10月23日に予定されているアメリカ合衆国のフリー国務長官、ロシアのラブロフ外相、ならびにサウジアラビアとトルコの閣僚たちとの会合のなりゆきによって明らかになるだろう。

www.lastampa.it

Dietro l’incontro Assad-Putin anche l’ipotesi di una transizione in Siria

Il raiss al potere altri sei mesi per evitare una destabilizzazione permanente di tipo libico
 

Il presidente siriano Bashar al Assad con il leader russo Vladiir Putin al Cremlino

 
 

Per uscire dalla trappola dell’odio tra sunniti e sciiti che da quattro anni ormai incatena la Siria alla guerra civile non bastano solo i bombardamenti pro-Assad della Russia di Putin, fortemente criticati dalle capitali occidentali a partire da Washington. 

 

Dopo aver preso l’iniziativa bellica, con la prima visita all’estero di Assad dal 2011 adesso Mosca acciuffa anche l’iniziativa diplomatica. L’Occidente, in qualche modo, poteva aspettarselo, se non altro per le recenti affermazioni del ministro degli esteri Sergej Lavrov. 

 

Perché, dopo aver testimoniato a suon di bombe contro gli insurgent siriani la “solidarietà” verso il despota di Damasco, adesso Mosca si prepara a impostare la transizione. Sei mesi nel corso dei quali, per evitare una destabilizzazione permanente di tipo libico, Assad resterebbe comunque al potere. Ma alla fine dei quali non ci sarebbe una vera uscita se non dal palazzo presidenziale: come capo della comunità alawita, comunque centrale in Siria, Assad rimarrebbe comunque sulla scena. 

 

Quale che siano le possibilità di concretizzare questi scenario, resta che con il viaggio di Assad a Mosca si dà pubblica rappresentazione al fatto che Putin rivendica anche l’iniziativa politico-diplomatica sulla crisi siriana, uscendo dall’angolo in cui era stato cacciato dall’annessione della Crimea e dalla crisi con l’Ucraina. Qualcosa in più si capirà il 23 dopo l’incontro sulla Siria fra Kerry, Lavrov e i ministri degli Esteri sauditi e turco.