読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

時事イタリア語

イタリア語の新聞で最新のニュースを読みます

南スーダンでロシア製の貨物機が離陸直後に墜落。原因は不明

 南スーダンでロシア製の貨物機が、離陸直後に墜落した。同国の大統領のスポークスマンによると、この貨物機には乗客と乗務員が約20人ほど乗っていたという。現在確認されているところでは、被害者は41名ほどらしい。地上にいた人々も犠牲になっているのである。ラジオ・ミラヤは、同局のレポーターが現地に赴いたところ、墜落現場の近くで40名の遺体を数えることができたと伝えている。生存者は2名であり、そのうちの1名は幼児である。
 現地のラジオ局が流した情報によると、この事故は南スーダンの首都から800 mほど離れた場所で起きたという。この貨物機は、南スーダンの上ナイル地方のパロイク(Paloich)に向かっていた。

www.lastampa.it

 

Aereo cargo russo si schianta in Sud Sudan

L'incidente poco dopo il decollo: almeno 41 morti. Ancora sconosciute le cause
REUTERS

Il relitto dell’aereo in Sud Sudan

 
 
 
 
 

Un aereo cargo russo si è schiantato in Sud Sudan poco dopo il decollo dall’aeroporto. Stando al portavoce del presidente del Paese africano, sull’aereo c’erano circa 20 persone tra passeggeri ed equipaggio. Secondo un primo bilancio le vittime sarebbero almeno 41, tra queste anche alcune persone che si trovavano a terra. Lo rende noto l’emittente Radio Miraya, affermando che un proprio giornalista inviato sul luogo dell’incidente ha potuto contare 40 cadaveri vicino al relitto dell’aereo. I superstiti sarebbero soltanto due, tra loro un bambino

 

 
 

 

Secondo le informazioni rilanciate da una stazione radio locale, l’incidente si è verificato a circa 800 metri dall’aeroporto di Juba. L’aereo era diretto a Paloich, nella regione dell’Alto Nilo.