読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

時事イタリア語

イタリア語の新聞で最新のニュースを読みます

イスラエルの高名な作家アモス・オズ、ネタニヤフ首相の外交政策を批判

 イスラエルの高名な作家アモス・オズが、ネタニヤフ首相の外交政策を批判し、「外国で政府が開催するイベントには、もう出席しない」と発表した。オズは「わたしはイスラエルを愛しているが、この国を統治している人々の政策を共有していない」と語っている。 オズは、大使館やその他のイスラエル政府の組織が外国で主催したいかなるイベントにも出席しないと語り、「パレスチナにたいするわが国の政策は認められない」と語っている。
 「わたしのように平和を信じる者は、祖国では裏切り者として扱われ、敵と共謀する者とみなされる。ところが外国ではわたしを招待して、自分の著書について語らされたり、わが国のさまざまな側面について紹介させられたりするのだ」。ただしオズは「わが国にたいしてボイコットをするわけではない」と説明している。「というのも、わたしは国の政策を支持しないとしても、わが国を愛しているからである」という。

 アモス・オズは、「わが国のもっとも激しい敵が組織した集まりでも、世界でイスラエルのために語りつづけるだろう。しかしそれはひとりの市民として行うのであり、わたしがその政策を認めることができない政府のためではない」と語っている。。

www.lastampa.it

Amos Oz contro Netanyahu: “Non parteciperò più a eventi del governo all’estero”

Lo scrittore: «Amo questo Paese, ma non condivido le politiche di chi lo amministra»
 

Lo scrittore israeliano Amos Oz, 76 anni

 

Amos Oz contro Bibi Netanyahu: «Non parteciperò a eventi del governo israeliano all’estero». Il popolare scrittore esprime pubblicamente il rifiuto di prendere parte all’estero a qualsiasi evento organizzato da ambasciate o enti del governo israeliano «perché ne non condivido l’attuale posizione nei confronti dei palestinesi».  

 

«Chi come me crede nella pace viene spesso tacciato in patria di essere un traditore, un collaboratore dei nemici, poi però all’estero mi invitano a parlare dei miei libri o a fare conferenze per presentare un volto diverso del Paese, cercando consensi locali» osserva lo scrittore che tiene però a precisare: «Ciò non significa condividere boicottaggi contro il mio Paese» perché «amo Israele anche quando non la sopporto».  

 

Amoz Oz assicura che «continuerò a parlare per Israele nel mondo, anche in riunioni organizzate dai nostri avversari più duri, ma lo farò come singolo cittadino» e «non per conto di un governo del quale non condivido le politiche».