読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

時事イタリア語

イタリア語の新聞で最新のニュースを読みます

「イスラム軍」(ダーイシュ・アル・イスラム)、「イスラム国」に正式な忠誠を誓う

 「イスラム国」がガザで勢力を強化することになった。重要なイスラーム過激派グループである「イスラム軍」(ダーイシュ・アル・イスラム)が、「イスラム国」への忠誠を誓ったのである。この組織は、ムムターズ・ドゥグムシュが率いるグループで、2006年にはイスラエル兵士ギルアド・シャリートとイギリス人のBBCジャーナリストのアラン・ジョンストンの誘拐に参加している。
 ツイッターに掲載されたコミュニケには、「われわれガザのイスラム軍とわが指導者ムムターズ・ドゥグムシュは、シナイ州の組織の一部であり、どこで生きようとも、すべてのムスリムのカリフであるアブ・バルク・アル・バグダディに忠誠を誓う」と書かれている。さらにこのコミュニケでは、「われわれは、ガザとシナイのユダヤ人や背教者との戦いを、彼らの上にイスラム国の旗が掲げられるまで、やめることはないことをわが同胞にたいして誓うものである」と述べられている。
 7月には「イスラム軍」はイスラム国寄りのビデオをインターネットに発表していたが、今回はイスラム国と同盟する正式な誓いが述べられたことになる。このコミュニケには、ハマスが「イスラエルの利益となっている」という非難の言葉も述べられている。「シナイ州」はもと「アンサール・バイト・アル・マクディス」と呼ばれていたイスラーム過激派の組織であり、昨年の秋に「イスラム国」に加盟してから、こう名乗っている。エジプト軍は96時間前からこの組織を攻撃するためにシナイ北部で「殉教者の復讐」と呼ばれる軍事作戦を展開しており、これによって96名の過激派の兵士たちが死亡したという。
 イスラエルは「イスラム国」による攻撃を懸念していたが、それはシナイとの国境近くのネゲフの地で行われた作戦で現実的なものとなった。エジプト国境近くの二つの小さな基地ニトザナとケレム・シャロームにたいして、数十名のテロリストが攻撃をしかけてきたのである。

www.lastampa.it

Così il Califfato si rafforza anche a Gaza

Il gruppo Jaish al-Islam giura fedeltà ad Al Baghdadi. Israele teme attacchi
 

Palazzi distrutti nella Striscia di Gaza

 
 

Lo Stato Islamico (Isis) si rafforza a Gaza grazie all’adesione di un importante gruppo islamico. Si tratta di “Jaish al-Islam” (l’Esercito dell’Islam), guidato da Mumtaz Dughmush, leader del clan che partecipò nel 2006 al rapimento del soldato isrealiano Gilad Shalit e del giornalista britannico della Bbc Alan Johnston.  

 

In un suo comunicato, diffuso attraverso Twitter, si legge: «Noi soldati di Jaish al-Islam nella Striscia di Gaza e il nostro leader Mumtaz Dughmush ci consideriamo parte integrante di Wilayat Sinai e giuriamo fedeltà ad Abu Bark al-Baghdadi, il Califfo di tutti i musulmani, ovunque risiedano». «Giuriamo ai nostri fratelli che non porremo fine alla nostra battaglia contro gli ebrei, gli apostati di Gaza e nel Sinai - continua il testo - fino a quando la bandiera dello Stato Islamico non sarà issata su di loro». 

 

Già in luglio “Jaish al-Islam” aveva diffuso un video pro-Isis ma ora arriva il formale giuramento di adesione, a cui si aggiungono nuove accuse a Hamas di «fare gli interessi di Israele». “Wilayat Sinai” è la “Provincia del Sinai” ovvero la denominazione acquista dai jihadisti di “Bait al-Maqqdis” dopo la formale adesione a Isis nello scorso autunno. Proprio contro di loro è diretta l’operazione “Vendetta per i Martiri” che l’esercito egiziano sta conducendo da 96 ore nel Nord Sinai, durante la quale sono stati uccisi almeno 96 jihadisti.  

 

Il timore di Israele di subire attacchi da parte di Isis è confermato dalle esercitazioni in corso nel Negev, ai confini del Sinai, con le unità “Caracal” che simulano incursioni di terra di dozzine di terroristi contro Nitzana e Kerem Shalom, due piccoli centri a ridosso della frontiera con l’Egitto.