読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

時事イタリア語

イタリア語の新聞で最新のニュースを読みます

ウルグアイ、2016年の6月から薬局で「国の」マリファナを販売

 2016年の6月から、ウルグアイでは薬局でマリファナが販売されることになろう。うルアイのマリファナ管理規制局のアウグスト・ビタレ局長は、すでに2社が年間2トンまでのマリファナ栽培する業務を委託されていると発表している。このマリファナは薬局で月に40 gまで、登録リストに氏名が明記された消費者に、1グラム1ドルの価格で販売される。この価格は非合法の取引価格と競争力のあるものである。
 マリファナを薬局で販売するというこの試みは、元大統領のホセ・ムヒカ政府が採用した革命的な改革の第三弾となるものである。この改革の一貫として、ウルグアイではすでにマリファナを家庭で栽培することが許可されている。

www.lastampa.it

Da giugno nelle farmacie dell’Uruguay si troverà la marijuana di Stato

Due società sono state scelte per coltivarne fino a 2 tonnellate l’anno. Costerà un dollaro al grammo
 

 

 
 
 

A giugno 2016 arriva la marijuana di Stato nelle farmacie dell’Uruguay. Il presidente dell’Istituto di Regolamentazione e Controllo della Cannabis (Ircca), Augusto Vitale, ha annunciato che due società sono già state scelte per coltivare fino a 2 tonnellate di marijuana l’anno, che saranno poi vendute nelle farmacie (con un limite massimo 40 grammi al mese) ai consumatori iscritti in un apposito registro, con un prezzo di circa 1 dollaro il grammo, competitivo rispetto al mercato illegale. 

 

L’«erba» in vendita nelle farmacie rappresenterà il terzo passo nell’applicazione della rivoluzionaria riforma lanciata dal governo dell’ex presidente José Mujica, dopo l’autorizzazione della coltivazione domestica della cannabis e dei cosiddetti «club di consumatori».