読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

時事イタリア語

イタリア語の新聞で最新のニュースを読みます

イスラエル、ロケット砲撃の報復としてガザを空襲

  ガザではハマスが相変わらず、インティファーダの炎に油を注いでいる。本日もガザの国境近くの鉄条網の前で活発なデモが行われ、近くのイスラエル国内のネゲフの町に向けて、一発のロケットが発射された。
 これにはイスラエル空軍が報復として、ガザの中央部にあるターゲットを空爆した。これは現地の情報筋が明らかにした情報である。現在のところ犠牲者についての情報はない。イスラエル軍のスポークスマンもガザに空爆を行ったことを認めており、ガザの「二か所のテロリストの陣地を攻撃した」と説明している。ロケット攻撃は2015年始めからすでに18回目になるという。
 パレスチナアッバス大統領は、EUのフェデリカ・モゲリーニ外務・安全保障上級代表との会談を前にして、「状況は非常に深刻なものであり、さらに悪化するのではなかと懸念される」と語っている。アッバス大統領によると、「パレスチナでこうした出来事が起こる理由の一つは、若者たちが将来への希望をもてず、絶望しているとにある」という。さらに別の理由として、「イスラエルが1875年に定められた現状尊重の約束を守らないこと」があげられるという。

www.lastampa.it

Raid israeliani su Gaza dopo il razzo palestinese

L’aviazione colpisce «due siti del terrore di Hamas». Abu Mazen vede Mogherini: «Situazione grave, temo possa peggiorare»
 
 

Da Gaza Hamas continua a soffiare sul fuoco dell’Intifada. Anche oggi si sono avute accese manifestazioni a ridosso dei reticolati di confine della Striscia e un razzo è stato sparato verso il vicino Neghev israeliano 

 

L’aviazione israeliana ha reagito con un raid in cui sono stati colpiti obiettivi nella parte centrale della Striscia. Lo riferiscono fonti locali. Al momento non si ha notizia di vittime. Il portavoce militare israeliano ha confermato l’attacco nelle Striscia spiegando che «sono stati colpiti due siti del terrore di Hamas» a Gaza. E ha aggiunto che il razzo lanciato oggi è il diciottesimo dall’inizio del 2015. 

 

«La situazione è molto seria, grave e temo si possa deteriorare ulteriormente», ha detto il presidente dell’autorità nazionale palestinese Abu Mazen prima dell’incontro con l’Alto rappresentante della politica estera Ue Federica Mogherini. Per il presidente «una delle ragioni dietro gli eventi in Palestina è il sentimento di delusione dei giovani che non vedono speranze all’orizzonte», e un’altra è «il non rispetto di Israele dello status quo in vigore dal 1875».