読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

時事イタリア語

イタリア語の新聞で最新のニュースを読みます

シナイ半島でのロシア機の墜落の原因は、イラスム国によるトランク爆弾か

  「ロシア機をシナイ半島に墜落させたのは、イスラム国(IS)がしかけたトランク爆弾である」。今晩明らかにされた調査結果は、アメリカの諜報機関からも確認された。この情報はイギリス政府の予測するところであり、この情報に基づいてイギリス政府は、224名を乗せたロシアの航空機が離陸した紅海沿いのシャルムアルシェイク空港を離陸するすべての便の運航を「ただちに中止する」ことを命じた。キャメロン首相は本日、エジプトのアル・シシ大統領を訪問する予定である。
 この情報が届いた本日には、ロシア機を墜落させたのが、外部からの攻撃によるものであることをうかがわせる多数の兆候が確認された。複数の犠牲者の遺体を調査したエジプト人の医者は、「一部の遺体に、爆発による被害の兆候があった」と語っていることを、ロシアのテレビ局RTが伝えている。
 またアメリカのテレビ局CNNが伝えた別の調査官は、「一部の遺体には、金属物の破片が残されていた」と発言したとされている。こうした金属物の破片から判断して、飛行機のエンジンの故障ではなく、爆弾で墜落した可能性が高いとみられる。

 一方で「イスラム国」はロシアの航空機を墜落させたことを明らかにする新たな犯行声明を発表し、「やったのはわれわれだ。やった方法については説明しないが、適切だと判断すれば、いつでもまたやるつもりである」と語っている。
 これは「イスラム国」が民間の航空機にセキュリティ・チェックをくぐり抜けて、爆弾を持ち込む方法をみいだしたことを意味している。イスラム国は、検査官たちの努力をあざ笑うかののように、「できるなら、われわれがやったのではないと証明してみよ」と挑戦している。

www.lastampa.it

L’intelligence Usa: “A far cadere l’aereo russo è stata una valigia-bomba dellIsis

Svolta nelle indagini sul disastro. Londra sospende tutti i voli da Sharm
 

«A far cadere l’aereo russo nel Sinai è stata una valigia-bomba messa dall’Isis». La svolta nelle indagini arriva in serata e viene confermata dall’intelligence americana. La versione era stata anticipata da Downing Street, l’ufficio del premier britannico David Cameron dove oggi è giunto in visita il presidente egizziano Abdel Fattah Al-Sisi. Di conseguenza Londra ha deciso la «sospensione immediata» di tutti i voli in partenza da Sharm el-Sheik ovvero l’aeroporto sul Mar Rosso da dove il volo russo era partito con 224 persone a bordo.  

 

L’annuncio arriva in una giornata che ha visto moltiplicarsi gli indizi sulla possibilità che sia stato un attentato a far cadere nel Sinai l’aereo. Un medico egiziano che ha esaminato alcune delle salme delle vittime, secondo quanto riportato dalla tv russa “RT”, ha appurato che «in alcuni casi mostrano i segni di un’esplosione».  

 

Un’altra fonte dell’inchiesta, citata questa volta dalla tv Cnn, afferma che «dentro alcune salme c’erano pezzi di metallo». Sono elementi che avvalorano la possibilità di un’esplosione e, in particolare, quella di una bomba rispetto ad un motore dell’aereo. Lo Stato Islamico (Isis) torna da parte sua per la seconda volta a rivendicare l’abbattimento dell’aereo passeggeri russo affermando: «Siamo stati noi, non riveliamo come abbiamo fatto, lo faremo nel momento che riterremo opportuno».  

 

Ciò significa che Isis ritiene di aver trovato una maniera per abbattere gli aerei civili sfuggendo ai controlli di sicurezza. «Se potete, provate a dimostrare che non siamo stati noi» aggiungono i jihadisti, con una dichiarazione di sfida alla volta degli investigatori. Mosca e Il Cairo ancora non danno una versione ufficiale di quanto avvenuto.