読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

時事イタリア語

イタリア語の新聞で最新のニュースを読みます

ロシア、シナイ半島で墜落したエアバスは爆破されたことを正式に確認。プーチンは犯人の殺害を指示

 ロシアの連邦保安庁のアレクサンドル・ボルトニコフ長官は、10月31日にシナイ半島に墜落したロシアのエアバスは、爆弾によって爆破されたことを確認した。224人の命を奪ったこの航空機には、1 kgの爆発物が載せられていたという。プーチン大統領は、「われわれは彼らをあらゆるところで捜し出す。逃げ込む場所などはない。われわれは彼らをみつけ、罰してやる」と語っており、テロの首謀者の組に、5000万ドルの賞金をかけた。
 ボルトニコフ長官は、プーチン大統領がトルコでのG20サミット会議から帰国した直後の昨晩に開かれたクレムリンでの会議で調査結果を発表した。プーチン大統領は、「シリアでのロシア空軍の空爆をたんに継続するだけではなく、さらに爆撃を強化する。犯罪者たちに、復讐が避けられないものであることを思い知らせるためである」と語っている。プーチン大統領は、エアバスの悲劇の責任者たちを「殺害する」よう、ロシアの連邦保安庁に命じたとつけ加えた。
 一部の国際メディアは、エジプトでシャルムエルシェイク空港2名の役人が逮捕されたと伝えた。これはシナイ半島に墜落した飛行機に爆発物を持ち込むのを手伝ったためとされているが、エジプト当局はこれを否定している。通信社のMENAは、政府の内務省筋の情報として、当局が否定したことを伝えた。

 

www.lastampa.it

Aereo russo caduto in Sinai, è stata una bomba. Putin ora mette una maxi-taglia sui terroristi

I servizi segreti russi confermano l’ipotesi terrorismo. Lo Zar ordina agli 007 di «eliminare» i responsabili: «Li cercheremo ovunque, li troveremo e li puniremo».
 

 

 
 

«Li cercheremo ovunque, non avranno un luogo dove fuggire, li troveremo e puniremo». È Vladimir Putin che parla dal Cremlino riferendosi ai «terroristi» autori dell’attentato del 31 ottobre contro l’aereo di linea siberiano caduto sul Sinai.  

 

Poco prima il capo dell’intelligence russa, Alexander Bortnik, aveva confermato la matrice terrorista dell’esplosione dell’aereo in cui sono morte 224 persone. Per Mosca la bomba conteneva un kg di esplosivo. Putin ha deciso di mettere una taglia di 50 milioni di dollari sulla testa dei responsabili dell’attentato. 

 

Bortnik ha riferito dei risultati dell’inchiesta durante una riunione al Cremlino ieri in tarda serata dopo il ritorno di Putin dal G20 in Turchia. «Le attività delle forze aeree russe sulla Siria non solo continueranno, ma dovranno essere intensificate perché questi criminali devono capire che la vendetta è inevitabile», ha aggiunto il presidente che ha ordinato ai servizi speciali russi di «eliminare» le persone responsabili della tragedia dell’Airbus.  

 

Intanto le autorità egiziane hanno smentito l’arresto di due funzionari dell’aeroporto di Sharm el Sheikh, sospettati di aver aiutato a piazzare la bomba sull’aereo russo precipitato in Sinai». La notizia era stata diffusa da alcuni media internazionali. La smentita è stata data dall’agenzia Mena che ha citato fonti del ministero dell’Interno.