読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

時事イタリア語

イタリア語の新聞で最新のニュースを読みます

モスクワを訪問したイスラエルのネタニヤフ首相、シリアでのロシアとの軍事的な調整メカニズムの設置で合意

  ロシアのプーチン大統領イスラエルのネタニヤフ首相は、シリア問題で合意にいたった。両国首脳は、「シリア国内での作成地域における軍事的な衝突と誤解を防ぐために、軍事的な調整のメカニズム」を構築することで合意した。それぞれの軍の司令官、すなわちイスラエル国防軍ツァハルとロシア軍の司令官は、それぞれの首脳による命令と政治的な管理にしたがうことになる。
 プーチン大統領は会見の後に、「ロシアは中東では責任のある形で行動する」と語り、「元ソ連時代に移民した多数の市民が生きている」イスラエルの治安の重要性を協調した。ネタニヤフ首相は、「わが国の治安によって重要な結果」について、そして「行われた会談の示した明確な結果」について語っている。そして「別の結果にいたったならばどういう事態になったかを考えてみるがよい」と述べているが、これはイスラエル軍とシリアに駐在しているロシアの軍隊の間で「不必要な衝突」が発生するような事態を指している。
 このクレムリンでの会合には、イスラエルの参謀長と軍の諜報機関の司令官も同席した。ネタニヤフ首相は、今回のモスクワ訪問について、「アメリカ合衆国政府に詳細に説明した」と述べている。「アメリカ合衆国とわが国の結びつきは、非常に重要なものであるためである」という。
 この会談の写真は、中東での事態の急転を協調するものである。プーチン大統領とネタニヤフ首相はクレムリンのプライベートなベンヤミンで暖炉を前にして並んで腰掛けている。これはイスラエルがロシアにこの地域での保護者の役割を認めたことを示している。ロシアはハッサン・ロハニのイランのもっとも近くに位置する国であり、シリアのアサド政権の防衛のために戦う国であり、イスラエルと「軍事的な調整のメカニズム」で結ばれた国である。ロシアがシリアの北部のラタキア空港に、軍隊、航空機、戦車を送り込んだ大規模な空輸活動が始まってから、まだ20日もたっていないのである。

 

www.lastampa.it

Accordo militare sulla Siria tra Israele e Russia

Netanyahu al Cremlino da Putin. Mosca sempre più protagonista in Medio Oriente
 

Il premier israeliano, Benjamin Netanyahu, con il leader russo, Vladimir Putin, davanti al caminetto in una sala privata del Cremlino

 
 

Accordo al Cremlino sulla Siria fra Vladimir Putin e Benjamin Netanyahu. I leader di Russia e Israele hanno concordato la creazione di un «meccanismo di coordinamento militare per prevenire scontri e malintesi» nell’area di operazioni siriana. Saranno i rispettivi comandi militari, di “Tzahal” e dell’esercito russo, a gestirlo su autorizzazione e controllo politico da parte dei rispettivi leader.  

 

«La Russia agirà in Medio Oriente in maniera responsabile», ha detto Putin al termine dell’incontro, sottolineando l’importanza della sicurezza dello Stato ebraico «dove vive un grande numero di ex cittadini sovietici». Netanyahu parla di «risultato importante per la nostra sicurezza nazionale» e di «risultato chiaro della conversazione avuta». «Basta pensare a quale sarebbe stata l’alternativa» ha aggiunto, riferendosi al rischio di «scontri non necessari» fra le forze israeliane e quelle russe sul teatro della guerra siriana.  

 

All’incontro al Cremlino hanno partecipato il capo di Stato maggiore e il comandante dell’intelligence militare di Israele. Il premier di Gerusalemme ha aggiunto di aver «riferito con dovizia di dettagli all’amministrazione Usa» sul viaggio a Mosca «perché i nostri legami con gli Stati Uniti sono di importanza straordinaria».  

 

Le immagini dell’incontro hanno sottolineato il momento di svolta per il Medio Oriente: Putin e Netanyahu seduti fianco a fianco con alle spalle il caminetto in una sala privata del Cremlino. Suggellando un’intesa che assegna alla Russia un ruolo da protagonista nella regione: è la nazione più vicina all’Iran di Hassan Rouhani, protagonista della difesa del regime di Bashar Assad e al tempo stesso ora legata da un «meccanismo di coordinamento militare» con Israele. Il tutto ad appena 20 giorni dall’inizio del ponte aereo che sta portando a Latakia, nel Nord della Siria, truppe, aerei e mezzi blindati.